グワジンジンブログ

グワジンジンブログは日々の備忘録や感情の起伏や時事、猫、アニメ、サッカー、WEB周りの話題等を書き溜めてるほっこりブログです。

愛猫ぷいんぷいんぱいせん(あだ名)に乳首を引っ掻かれ、わいの乳首腫れる。

表題の通りです。

アレルギー持ちの私は本日愛猫のぷいんぷいんぱいせん(あだ名)を抱っこ中誤って爪が乳首に刺さり、腫れました。

左乳首は倍くらいになり痒いです。

ただいま乳首を保冷剤で冷やしています。

以上現場よりお伝え致しました。

f:id:guwajinjin:20170307003239j:plain

イメージ画像

(赤子に吸い付かれたらどうしよう・・・。とは妻には言えない。)

赤ちゃんとペット(犬・猫)の同居注意点 怪我・病気・アレルギー・発育への影響

猫と赤ちゃん、犬と赤ちゃんは一緒に住んでいいのでしょうか?犬猫と住んでいる方で赤ちゃんが生まれる家庭ではとても大きな悩み事です。

私の家では、猫2匹が住んでいて、さらに子犬が一匹遊びに来たりします。当然赤ちゃんがやってくるからといって、彼ら、彼女達を誰かに譲渡したりましてや手放すなんてとても考えられません。

家族として猫と犬と赤ちゃんが共存・同居していく為には何を注意したらいいのでしょうか。

赤ちゃんとペット(犬・猫)が一緒に住むデメリットと予防対策

猫と犬などのペットが赤ちゃんと暮らすのには、残念ですが、いくつかのデメリットがあります。それぞれの問題に予防対策について考えてみました。

ズーノーシス(人畜共通感染・ペット感染症)の危険性と予防策

赤ちゃんは、ペットが原因で病気にかかる可能性があります。いわゆるズーノーシスなどの感染症です。代表的なところでは、定期的に話題になる鳥インフルエンザ、狂犬病・猫引っ搔き病寄生虫症レプトスピラ回虫症が上げられます。

感染経路は、犬や猫などのペットの糞や尿に触り口に入ることで、寄生虫症は起こります。ずり這いやハイハイなどが始まっている場合は注意が必要です。

予防法としては犬・猫のトイレを設置場所の見直しや、犬・猫の手足を出来るだけ清潔にすることが重要です。

f:id:guwajinjin:20170305184930j:plain

怪我の危険性

赤ちゃんとペットが一緒に暮らすと病気以外にも怪我を気にしなくてはいけません。

犬だと噛みつきや押したりすることでの転倒、猫では、噛みつき、引っ掻き傷、踏みつけです。

犬はしつけができる動物なので、ある程度噛み付きは 防ぐことが出来ますが、赤ちゃんの動きは予想が出来ず、尻尾を握ってしまったりするので、びっくりして噛み付いてしまうこともあります。またハイハイやつかまり立ちをしていて、犬が一緒に遊ぼうと飛びついて転倒させてしまうことがあります。

しつけが行き届いている犬であっても、驚いたり、悪意なく遊ぼうとしていて怪我をさせてしまうこともありますので、しっかり犬の動きをみることが必要です。

猫は、しつけが難しい一方で、犬とは違いフレンドリーに近づくというよりは、警戒して見ていることが多いため、赤ちゃんを近づけることをしなければ一般的には怪我はしません。一方でフレンドリーな性格の猫の場合は、近づき見守ることをしたり一緒に寝たりすることさえあります。この場合犬と同様に尻尾を急につかんでしまったり、噛み付くこともあり得、ねこ引っ掻き病、レプトスピラ罹患の可能性もあります。

f:id:guwajinjin:20170305185018j:plain

犬猫アレルギーの危険性

動物アレルギーの罹患の可能性があります。猫・犬のアレルギーを起こすアレルゲンは唾液やフケです。体毛がアレルゲンと考えられがちですが、毛よりもそこに付着するフケにアレルギーを起こすと言われています。

具体的な症状は、湿疹・目のかゆみ、鼻水・咳、重症化するとぜんそく・呼吸困難などにつながることもあります。

アレルギーが起きてしまった場合の対処法としては、赤ちゃんより先に犬猫がいる場合は限り接触させず、住み分けをすることです。

また赤ちゃん誕生後に犬猫を迎い入れる場合は、残念ですが、抗アレルギー剤を服用できる年齢までは迎え入れることはさけましょう。

アレルギーはいつ発症するのか予想はつきませんが、一班t歴な予防策としては、生活空間を常に清潔に保ち、犬猫もつねにトリミングを欠かさず、寝室は犬猫tとわけるなど、出来る限りの対応をすることでお互い同居することが可能になります。

赤ちゃんとペット(犬・猫)のが一緒に住むメリット

猫と犬と赤ちゃんが一緒 に同居する場合これまで上げたようなデメリットばかりではありません。

免疫力が高まり、病気に強く育つ

犬と猫など暮らすと病気・怪我やアレルギーなどネガティブな要素ばかり目立ちますが、アメリカの小児科専門誌にフィンランドの大学病院での「犬・猫と同居すると生後一年以内の赤ちゃんの免疫力が高める」調査が掲載されました。具体的には以下です。

犬が飼われている家庭で育つ赤ちゃんは、感 染症や呼吸器疾患にかかるリスクが減るとの 調査結果が、米小児科専門誌に掲載されまし た。フィンランドのクオピオ大学病院が行った 調査。 毎日ある程度の時間を屋外で過ごす犬が周り にいることで生後1年内の赤ちゃんの免疫力 が高まる可能性があるとしています。 犬や猫が飼われている家庭の赤ちゃんは、せき、喘鳴(ぜんめい)、鼻炎など の感染性呼吸器疾患にかかる確率が約30%低く、また耳の感染症にかか る確率も約半分で、研究チームは、「動物との接触が免疫系の発達を助ける ことで、より整った免疫反応をもたらし、感染期間を短縮させるのではない か」と推論しています。

参照 

http://www.petfood.or.jp/breeding/dictionary/webcatalog.pdf

f:id:guwajinjin:20170305185116j:plain

心の発育がよくなる・集中力が高くなる

人間以外の生き物と、幼い頃から接することで、コミュニケーション能力の発達・心の発育が良くなると言われています。また、自分よりもちいさな生き物を慈しむ心がそだち、思いやり深い優しい子供に成長すると考えられています。

ペット飼育が、子どもの非言語コミュニケーション能力の発達に極めて有効 であることは、古くから知られてます。これは、話をすることができない動物 とのふれあいの中で、子ども達が“相手の気持ちを察すること”つまり”思 いやり”の心を育むからです。 また、子ども達のペット飼育の効用はそれだけにとどまりません。 ペットのもたらすリラックス効果や癒しの効果によって、向学心の向上や集中 力の向上が認められたという研究調査も報告されています。 下のグラフは、『犬がいる教室』の方が、『平均で約5分間も長く集中力が維 持できる』※6という研究成果がでています。

参照 

http://www.petfood.or.jp/breeding/dictionary/webcatalog.pdf

家が明るくなる

犬猫がいると初子であっても、すでに兄妹がいるのと同じになります。人間の子供と同じように環境の変化が訪れ犬猫にも急に責任感がめばえたり(母性・父性?)子犬・子猫返りをして急に甘えん坊になったり、犬・猫も赤ちゃんがくると色んな変化に影響を受けて成長していきます。

赤ちゃんの存在に慣れてくると、赤ちゃんが泣くと不安になって知らせてきたり、赤ちゃんが食べているとじーと物欲しそうに見ているのに我慢していたりと、今までと違った一面も見えまるでお兄さん、お姉さんの行動のようです。

赤ちゃんも眼で犬猫の動きを追ったり、ハイハイを始めるとガンバって追いかけたりします。兄妹がすでにいる家庭を除き、犬猫がいない家庭では体験できないことです。

常に赤ちゃんと犬猫達のふれあいを見れることで、家に笑顔も増え明るくなります。

f:id:guwajinjin:20170305185203j:plain

ところで我が家は?

我が家の猫達は当初、やっかいなやつが増えた!くらいに思っていて、古株の猫は、ショックそうな顔をし子猫返りをしてしまい(抱っこ嫌いなのに、赤ちゃんが抱っこされているのをみて抱っこ好きになる・・。)、若い猫は、妻を赤ちゃんにとられてしまい悲しみから見ない振り・・・。(笑

義理叔母宅の柴×シェパードは子犬なので、赤ちゃんに興味津々で今にも飛びつきそうだったので遠くで見せる感じ・・。

結構理想とは違い前途多難な雰囲気・・。

一緒に住んでいる猫と赤ちゃんの関係性に不安をもった私は猫達に、「お前達はおねえさんなんだから優しくしてあげてね。きっとこの子が大きくなったらおまえ達に親切にしてくれるよ」とことあるごとに話しかけたり猫達を説得していした。

想いが通じたのか、慣れただけなのか、時間が経つと、猫の方から隣にすわって観察したり、臭いを嗅ぎにきたり興味はあるようです。

まだ寝返り段階の息子がハイハイやずり這いをしてから猫達のリアクションがどのように変わるのか今から楽しみでしかたありません。

いまのところ、感染症や怪我などの事故が起こることなく来ていますが、今後も気をつけて猫達とともに我が子の成長を見守っていきます。

住まいも子供とペットにあわせて買えていかなくてはいけませんね。 

ペットと暮らす住まいのデザイン

ペットと暮らす住まいのデザイン

 
子供とペットとスッキリ暮らす 掃除術 東(ひがし)さんちのアイデア50全部見せ<子供とペットとスッキリ暮らす 掃除術>

 

 

 

mixiの写真共有アプリみてねがとても秀逸で親戚一同よろこんでいる

現在、うちの家で子供の写真を共有するためつかっているのが「みてね」というアプリです。このアプリは斜陽といわれたmixiが開発したアプリです。(一週回ってmixiを使っている人が復活しだしているという話題はたまに、見かけ、今mixiと言えばモンスターストライクですよね。)

今回紹介するのは、そんなmixi社の写真共有アプリ「みてね」です。

mitene.us

 

写真共有アプリ「みてね」の特長

f:id:guwajinjin:20170302234715p:plain

みてねはこどもの写真を共有するアプリで、うちではトツキトウカを卒業してこちらを使っています。

guwajinjin.hatenablog.com

妻がトツキトオカに続き見つけてくれた無料アプリです。

この写真共有アプリは、決められた家族を招待することで写真を共有でき、アカウントのオーナーは、共有の範囲も決められるので、授乳写真やお風呂の写真など、義理の父母や叔父叔母には見せたくない写真は見せないようにも出来るので便利です。そして無制限にアップできます。

さらに、結構あるサービスではありますが、選んだ写真をアルバムに出来ます。

1冊500円を切る金額なので欲しい家族の分も制作できます。ちなみに写真を選ぶのをめんどくさい方向けに勝手にチョイスしてくれる機能もあるので便利です。

至れり尽くせりです。


【みてね TVCM】お昼寝篇

特長まとめ

  • 無料アプリである。
  •  決められた家族のみ見られるクローズドのアプリ
  • 写真アップは無制限
  • 写真によって公開範囲を指定できる
  • 写真アルバムが簡単にできるし安い 

「みてね」の課題点

100万DL達成もしており、完全に完成しているアプリとも言えるみてねですが、

いくつか課題点というか個人的な不満があります。

ハッシュタグとか写真管理ができない、検索ができない 

中高齢者独特のあの写真どこだっけ・・みたいな連絡が飛んでくることがあります。

こういう時の為にお気に入り写真を選んでおけることが出来ることができれば簡単に案内できるし、ハッシュタグを付けられれば簡単に管理できるのですが・・・。

 

作ったアルバムデータを共有できない

それぞれにおすすめのアルバムデータが出てくるのでが、共通の内容だと勘違いして、「アルバムに入れる写真えらんでおいたから、注文しておいてね」といわれ当然共有されていうる物と勘違いし、「みてね」が選んだ写真を注文してしまい、3500円くらい誤った注文をしてしまいました。翌日気づき連絡しましたが、規約上キャンセルは出来ないようで、そのまま家に到着してしまいました。まあちゃんと理解していないこっちが悪いし無料で使っているので献金だと思ってあきらめました。

せめて夫婦間だけでもアルバムデータ共有するといったサービスがあると助かるのですが。。

「みてね」は、不満よりメリットの方が遥かに大きい優秀なアプリ

トツキトオカは妊娠中の夫婦間のきもちを共有できてとても素敵なアプリでした。ただ出産あとからは写真が中心になって、テキストが中心のトツキトオカは使わなくなり、代わりにラインでグループを作って写真を共有していまいたが、なんだか使いづらいし困っていた解決策が「みてね」でした。

逆に言えば、トツキトオカにこの機能があれば、そのまま使い続けていました。

要するに、出産までは夫婦間とくに妻の変化や不安や感動を夫が共有し、誕生のその日まで気持ちを途絶えず共有していく必要があります。その後は、夫婦をふくめた周りを巻き込んで、子供(孫)の成長や子育ての苦労を共有、励ましあったり会話のネタを共有することへと変化していきます。

この周りとの共有の方が遥かに長い期間使用していくので、「みてね」は素晴らしいソーシャルビジネスモデルだなと感じました。

会いにいかなければ会えない孫の写真をいつでも見れるというのは親や叔母叔父にも好評で、写真をアップすると凄いスピードで見ているようです。

僕らの子供の写真をみんなが色々な人に見せて、自慢しているのはとても微笑ましいです。アルバムも大変好評ですが毎月共有している家族全員がほしがり4000円程度飛んでいくのが重いのですが・・・。

それでも、長い間このアプリが続いてくれることを願っています。

「みてね」のスタッフの方々これからもよろしくお願いします。トツキトウカありがとう、そして頑張って!

 

 最近だるまちゃんの絵本を呼んでいてAmazonで次のだるまちゃんをさがしていたらミッフィーのだるまが・・・。シュール。。